思い出のカケラ

Hi!

久しぶりに更新できた記事になります。
書いても書いても下書き保存にしまいこんでしまい、ポストできないままでいました。

これからしばらくは大きく分けて2本立てくらいでぼちぼち書けたらなとゆるく思っています。

スポンサーリンク

ひとつはロサンゼルス生活におけるTipsや日常のできごとを、

もうひとつは4年ぶりの日本、とくに東京生活における気づきや発見を、

と今は考えています。

スポンサーリンク

考えたきっかけ

最近みたツイッターのなかに
回復とは「なにかを捨てる」ことであると。

私が今の新しい生活に馴染みきれていないのも、頭の中がほとんどロス生活の思い出ばかりだからなのではないかとふと思いました。

どうやって手放していくかと考えたとき、このブログにひとまず書き留めていったら良いのではないかと。

そうすることでいつ忘れても大丈夫と状態になり、新しい余白をつくれるのではないか、というのが今のところの考えです。

スポンサーリンク

4年ぶりに靴を洗うブラシを買ってシューズを洗ってみた

4年ぶりって大げさでしょっと思われるかもしれませんが、この4年間靴を洗う機会がなかったんです。

というのも3つの要因があって

1つ目 雨がほとんど降らないロサンゼルス

2つ目 雨が降ったらわざわざ出かけないようにするという生活スタイル

3つ目 万一濡れてしまっても、砂漠気候だからすぐに乾く

となると洗う必要がないとなってしまう w

それにわたしが住んでいた場所のランドリーでは
ウォッシングマシーンで靴を丸洗いしている人がチラホラいました。

そのあとその場所を使うときは、マシーンの位置が移動していることが多いので元の場所に戻すところからスタート。

比較的大人の靴よりは子どもの靴が洗われていることの方が多かったかな…

スポンサーリンク

東京の100円ショップで靴を洗うブラシを買いました

東京の雨に濡れてとかではなく、今週末からジムに通うにあたって室内履きのシューズを用意したくて。

新しいものを買っても良かったのですが、気に入るものがなかったのと、
買うのならジム用の水着がまずは欲しいので、手持ちのシューズを洗ってみました。

ブラシの形状がただタワシに持ち手があるものから

こんなオシャレなデザインになっていることに驚きました。

数年分のヨゴレがとれてすっきりした模様。

洗濯機の脱水にかけてベランダに干したとき
靴の中からビーチの砂がパラパラと落ちてきました。

というのも
このシューズは週末になるとロサンゼルスのビーチ沿いを走るときに履いていたもの。

その楽しかった記憶が思い起こされて…

一緒に走ったマラソン仲間や

そのときのたわいもない英語の会話について行くのも大変だったこと

走り終わったときに飲む
キャッシュオンリーのコーヒーショップのコーヒーの味が好きだったこと

そこにやってくる犬たちがみんなかわいかったこと

帰る途中に食べるドーナツがおいしかったこと

など

書き出すととまらなくなるほど
たくさんの思い出のカケラがこぼれ落ちてしまうので、きょうはこのへんで w

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です